2017 051234567891011121314151617181920212223242526272829302017 07

TOP > ARCHIVE - 2017年06月
 第26回まんが甲子園予選審査。
先週の話ですが、金曜日に「第26回まんが甲子園」の予選審査が終了しました。

選ばれた33校(海外3校含む)の皆さんおめでとうございます。

毎年心の痛む時期です(TvT)
気休めにしかならないですが、300校から30校を選出するわけですから、
当然270校は落ちるわけです。しかたなし。
ただ、選んだ30校は「ここに負けるなら納得」というのをちゃんと選んだつもりです。
今年は描き慣れていない・見せ慣れてないのか、伝わりづらい作品が多かったように感じました。
読み手に(効果としてではなく)類推させるのは、作品としては完成度が低くなってしまいますね。
魅力はあるのだけどこの点で落ちてしまった作品が多かったなぁ。

発表当日の記者発表の際で結構話したのですが、
特に世には出ないようなので、ちょっとその時話したこともメモ程度に書いておきますね。

●イラスト作品が多かった
「二刀流」というテーマか、「ただの剣士」の絵が結構目立ちました。
ルールがわかりにくいまんが甲子園ですが、「イラストコンテスト」でも「キャラクターデザイン賞」でもないので、
「まんが」にこだわってみてほしいな、と思います。
そういうのに限って結構絵が上手かったりするので、勿体ないなぁ。
多分「こういうコンテストだよ」と説明したら、きっといい作品を出してくれそうなので、とても惜しいと思いました。

●今回1校が全員一致で1位通過でした。
「おもしろさ」や「ネタ」「絵」要素がいろいろある中に
「リアルさ」というのが足されているのがすごく良かった作品でした。
「自分が実際こうなったらどうするんだろう?」と思わせるもの。
1枚漫画として成立し、笑える、泣ける、楽しめる、面白がれる…などいろいろありますが、
そこに「考えさせる」(社会問題・問題提起など)が加わることでグッと完成度があがります。

どの作品かわかるかな?本選に行く人へのヒントになるといいな。

いやーでも「二刀流」「〇〇ファースト」なかなかみんな頭をひねりまくったのか、
こちらも解釈がいろいろ難しく、頭をひねりまくりました!
そもそも「2」と「1」の要素が各テーマにあるので、テーマ自体を間違って解釈したり(笑)
また「二刀流」も、何が「2」で、なにが「流」なのか…。「流」と呼ぶほどの意味をもってきちんと描かれているのか。
「〇〇」もなかなか難しい。言葉遊びをしてくれるのはいいけれど、「ファースト」とまじってさらにカオス。
「ごはん」ネタが「ブレックファースト(朝食)」ネタなのか、「二刀流」なのかわからない―!!(笑)
答えがわからないので、文字を入れた方がいい作品も結構あった。
答えにたどり着いても、重要じゃない作品もあった。

そもそもプロではない高校生がここまでかきあげてくること自体が不思議ですが、
まんがって不思議だなぁ、と、なかなか、考えさせられる予選審査でした。

全国の送って下さったペン児たち、どれも面白かったです。ありがとうございました。

スポンサーサイト

カテゴリ【課外活動】 | コメント(0) | top↑

+ Comment List +

 懸賞当たった――――!!!!
ある日我が家にやってきた大荷物。

20170601_123657001_iOS.jpg


ひつじが満面の笑みですが、
ゴールデンウィークに遊びに行った川崎のはいさいフェスタにて応募した懸賞が当たってもーたです。

DSC00006.jpg

ふおっ!

なんか、3,4万くらいするCDコンポ!

しかも、わたくしがいつもいつも愛してやまないTHE BOOMの宮沢和史さんプロデュース企画!
さらにその(たぶん)最高賞!!

DSC00004.jpg

普段PCで音源を聞いているので
(その前は引っ越しのときに叔母にもらったケンウッドのかっちょいいのだったけど、寿命が)

なんか、見た目から圧倒されている。はいれぞ・・・??

ぶるーとぅーす???

はんはん、あいちゅーんずで買った曲流せるのね、はんはん。

そもそも音響機器全然わかんないから、ティアックとか初めて聞いたわ、とかおもってたけど、ここか!w

「背景バグってる?ビルの正体は?」
http://tamapon.com/2017/05/02/bug-building/


この真っ白ビルの会社かぁー!!タイムリー!!!

ひとまず開けてみたものの、組み立て方法がまったく分からん状態。
なんとか組み立てて、聴いてみました!!
圧倒的に

わからん!!!w


。。。まぁ、前がPCですもんね(笑)


ひとまず、最近近場にニトリもできたので、これを置くようにカラーボックス買ったり、
部屋を片付けたり、ごみ袋10個出したり、服を数箱捨てたりと、ダンシャリ状態。
といっても、まだ物ばかりですが…。

いろいろお部屋改革(ただの模様替え)が起きました。

ありがとうティアックさん。
本当にありがとうティアックさん。
そして宮沢和史さま。


なんか私イイコトしたのかなぁ。


DSC09987.jpg

ひとまずたくさん聞こうと思います。
お気に入りの世田谷文学館で開催された【宮沢和史の世界】ポスターの横に置きました。

ちなみにいまんとこいちばん流してるのは細野晴臣曲です(笑)作業が進むんや…!w


カテゴリ【】 | コメント(0) | top↑

+ Comment List +

 ココ・シャネルをかきました!
連続で書籍のお知らせです。

マンガで読む伝記 夢をかなえる! 感動ストーリー
池田書店編集部 編 / 定価 994円


5人の女性の偉人を紹介する「伝記」コミックです。

わたくしは「ココ・シャネル」を書きました。
地味に間に挟まれる案内コミックが白沢まりも先生!
そして、案内コミックにちょいちょい伝記漫画が挟まれる仕様で、
知らぬうちに合作になっててビビりました!うわーい!うれしい!

いろんな女性の生き方が紹介されています!


カテゴリ【掲載情報・仕事情報】 | コメント(0) | top↑

+ Comment List +

 怖い話かきました。
ひさびさに書籍新作です~!

『マンガで読む心霊体験 本当にあった怖い話 恐怖の手紙』
雅 るな監 定価 896円(本体価格 830円+税8%)


「わたしのせい…?」
「つきまとわれて」
の2編をカラー(2色)で描き下ろしております~!

毎回載せていただいてありがたや~

また6月も1冊出ます!というかこの本の告知がめっちゃ遅くなってしまってすみません!
しかしそろそろ暑くなってきたので、冷ッっとするのにオススメの1冊です~!


カテゴリ【掲載情報・仕事情報】 | コメント(0) | top↑

+ Comment List +

 アンパンマンミュージアム in 福岡!
福岡に帰った時、いつも行こう行こうと思っていて行けなかったところがありました!

じゃん!!
20170524_034624000_iOS.jpg

ここは、れいのちゅうしゃじょうですね。

さんおくはっせんまんの。。。

この先まで少し歩くと見えてきます。

博多地区の文化施設が集合する場所、
博多リバレイン・福岡アジア美術館、博多座、
20170524_031221318_iOS.jpg

そして、

アンパンマンミュージアム!!!

妹が3児の母なのでうわさは聞いていたのですが、
いつか行こうと言ってそのままでした。

というのもこちら、2014年3月に「来月オープン」という広告を見つけた時の私のつぶやき。



と…



このまま数年・・・まぁ、私の場合一人で行くので、おちついてからと思っていたのですが3年もたってた(笑)

この広告が作れる施設だよ!?すごいはず!って期待もあったんだけど、
子供向けだからって期待はせずに向かいました。
だって、大人を喜ばせなくてもいい場所だもんね。

場所はリバレイン5階まで一気にあがり、
ドーム型の屋上プールみたいなノリで4階分くらいの吹き抜けの空間がありました。
フロアに分かれているというより、1つの大空間でアンパンマンミュージアムなのかな?
入場しようか迷いつつも、えい!

20170524_032039427_iOS.jpg
うおおおあああぁぁ?!

初っ端から度肝を抜かれました…
何このチケット…可愛すぎません!?
つみき王国やんけ!

ここの右を切り取って入場です。
アンパンマンミュージアムは横浜と、少しちがうけど高知の香美市のものしか無くて、
そのイメージで行ったんですが、結構違ったというか、
わりと「アンパンマンの世界に迷い込んだ」感強めの空間でした。
屋上ドームなのもいいのかな、地面がすぐそこじゃない感覚というか、
空の方が近いから、映画のアンパンマンの世界という感じ!(わかりにくいw)

20170524_032231227_iOS.jpg

新しいほうのミュージアムでもあるので、展示品の密度も濃い。
工番やケーキ屋・お寿司屋・学校と入り込める場所があるんですが、
部分的にリアルな造形のもの(おすしとかは食品サンプルだったり)もあり
子どもがみると境界線があいまいで楽しいだろうなぁ。

今話題の彼氏もいましたし(なんだこの存在感w)
20170524_032854334_iOS.jpg

ぐあー!このアンパンマンめちゃくちゃかわいい―!!
20170524_033003384_iOS.jpg

キャラクターそれぞれに合わせたショップが20近くありました。

20170524_033700284_iOS.jpg

ドキンさん…///
場内は吹き抜け部分まで行けば全部のフロアがつながっていて、1つの音楽が流れ続けていました。
3階(層)なのかな?

ショップの合間にはミニチュアなどの展示品もたくさんありました。
アンパンマンミュージアムはこういう見どころを子供の視点で見れるように
「床」に埋めてあるんです。これもなかなか見ものです。

そして、全体の真ん中部分にある階段の裏には
やなせ先生のアクリル画(大きさ的に複製なのかなぁ)が飾ってあって
ちょっと、なんか、すごくグッときて泣いてしまいそうになりました。
やなせ先生の絵のアンパンマンの佇まいってなんか独特なんですよね。
まっすぐ、他を見ることができないくらいまっすぐな感じが。
それをきちんと飾っていて、裏手なんで、見る人は少ないかもしれないんですけどね。
そこがまたよくって。
写真も撮ったんだけど、ぜひ自分の目で見てほしいので、今回は載せないでおきます。

そして、ひととおり回ったところで吹き抜けの大空間に。
20170524_033607536_iOS.jpg
キレイでしょ、この大空間の感じ!爽快感というか、もはや空中庭園。
その下はもう砂場に滑り台と子供たちの運動場!
ここらへんにはさすがに用事はないかなぁ~なんて
子どもたちと戯れるコキンちゃんなどを見ていると、

おそらく休日は「ショー」をやっているであろう大階段ステージの隅っこに

20170524_041629000_iOS.jpg

や、やなせ先生だ――――――!!!

まさかのステージに常駐するやなせたかし先生のシルエット!w
わーこのミュージアム、すごい!すごい!作りでこんなに感動したの初めてだー!
真っ赤な太陽みたいな壁にちょっとだけ薄くやなせ先生と、先生のサイン。
こうやってたのしく子どもたちを見守っているんだろうなぁなんて思いました。

現に私がこうやって写真を撮ろうと(壁を取る変な女w)したら、
ご家族がそこから別の方向にいるお子さんを撮ってて、
やなせ先生のシルエットに気づいていない!


(あーこれ、なんか理想だなぁ)


そんな空間でした。


魂は細部に宿るというかなんというか、すさまじく心に来るものがある時間を過ごしました。


作った人のインタビューとかないのかなぁ、めっちゃよみたい…。


行ってよかったなぁ。ただ見るだけでも、大人でも結構楽しいですよ。
博多の観光スポットとしても大変オススメ!


カテゴリ【】 | コメント(0) | top↑

+ Comment List +


| ホーム |