2017 06123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 08

TOP > なんとなく > title - 日記 R-1
 日記 R-1
R-1、エハラ 
で検索してる人がかなりいてビックリした
ひのっち2

感想書こうとおもったのですが、大体の人がブログで書いているのと同じ感じなので、いいやーと思ったり。

…でも結局書くw


私も僭越ながら審査員と言うものをやらせていただいてるんですが、
時間が押しているとは言え納得いかないんなら誰かが声を上げてもよかったのではないかな、と思います。


次週でも翌日でも枠を取って続編放送すればいいし、
話題にもなるだろうし。




それぞれはとてもおもしろかったけど、中山功太さんの会場の失笑…審査員の苦笑…、点数の上がりようがどうしても連動しているとは思いがたく疑問の残る番組だったなぁ、と思いました。


司会の宮迫さんが「笑いの量は…」と言ってたけど、明らかに量違ったし、ああいうのはだめだなぁ、と思いました。



逆に、こういう審査はしたくないなぁ、と思ってしまったわけで…(´・ω・`)




結局審査なんて審査員の独断と偏見でしかないですし、公平さをより持たせるために審査員を複数立てるわけですよ。
なんで、今回はおいといても審査員だけで審査方法を話し合えばまたいい方法があるんじゃないかなぁ、と思います。

あと、1位しか勝ちがないという状態も難しいですね。
かといって、番組に収めなくてはいけないので、いくつも賞があっても困る(優勝・準優勝・審査員特別賞…とか)んですよね…。



まぁ、紅白みたいに「野○の会」とかいう優秀さは理解してもとんでもない測定方法で運営してる某国営放送もありますし(゚ω゚)←伏せてナイナイ


見てて楽しめたかと言うと、審査結果より前までは大笑いしてみてたので、良かったんじゃないかなぁ、と思います。


個人的意見を述べると、公平に審査をしたとして…1位はバカリズムかな!と思いました。

ツカミ~小ヤマ場~中だるみ(期待感)~大ヤマ場~オチ ってのが物語の基本らしいのですけど。
それがしっかりできてるし、予想外の笑いと言うのもかなり生み出してたし、クオリティや小ネタの入れ具合も程よかったので、
…もし審査員が最後話し合いによる1位を決めるタイプだったら優勝だったんじゃないかな~っておもいました。
(あーでも、小ネタなら、一瞬うつった鳥居みゆきのこっくりさんの紙に「はいい・いいえ」が無くって、「男・女」だったのが気になってる…。エンジェル様用なのかな?ともおもたけど一瞬だったしよく見てないんだけど、あれは他のネタの紙?それとも素で書いてあるのかな?小道具なら「はい・いいえ」西といたがいい気がしたんだけど、そこも計算だったらコワス(゚ω゚)

中山さんのはね、5秒目にお題・10秒目にオチという時報に合わせてネタを言うヤツだったんだけど、見てるほうが「どんどんおもしろくなるはず!」「さっきより面白いここ言えよ!」って期待感が過剰にたまるのに、全部あるあるネタで通してしまって、逆にイラッと来る感じだった気がするんだよね。
もっと短い舞台だったら良かったと思ったの。

他はなんとなしに「ツカミ」が弱かったなーって感じでした。
ひのが応援してたエハラさんもだけど、結構唐突に内容に入っちゃって
「???」って間に進行してた気がして…まぁ緊張するからなぁ~。

あと、内輪ネタ多かったのも。まんが本ネタが増えるのはありがたいけど、解らないひとは全然笑えないのがだめかな、と思いました。
去年のまんが甲子園も「解らない人がいる」で結構議論があったしね(゚ω゚)


みんな、椎名高志の椎名百貨店読むといいよ!
有・椎名百貨店 2 (2) (少年サンデーコミックス)有・椎名百貨店 2 (2) (少年サンデーコミックス)
(1991/08)
椎名 高志

商品詳細を見る


これに「オール・ザット・ギャグ」っていう漫才師になっちゃう女の子のまんががあるんだよっ!!


というわけで、書いてもまとまらないのでこの辺で。
いつもはレカペ・たまにイロモねアしかみないので、知らない違う芸人さんも見れて面白かったです。
関西の芸人さんとかあまり見れないからね~(゚ω゚)


というわけで、感想でした!!

そういや妹が地元の駅で華丸大吉に遭ったらしいよ!
なぜ実家近くのほうが芸能人よく見かけるんだ。・゚・(つд∩)・゚・。クソウ
スポンサーサイト

カテゴリ【なんとなく】 | コメント(0) | top↑

+ Comment List +

<<携帯向けTLコミック配信ですーヽ(´∀`)ノ | ホーム | エハラさん2位でした(´・ω・`)>>















管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |