2017 09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 11

TOP > なんとなく > title -
 
出没しないのもあれなので、こんにちは
ひのっち2

やっと抱えていたお仕事(もどき)が終わりまして、明日から実家に帰省しようと思います。

専門学校のインタビューや写真撮影があったり、まんが甲子園本の入稿がてこずったりしましたが、元気です。
やっと普通の仕事に戻れる…!

最近、プロモーション活動にどう取り組んでいくかがちょっと考え込んでいます。
基本的にドカーンとなにかを出来るジャンルにはいないので
(ビニールかかってなくてもTLはやっぱ表にはあまり出ない活動すべきジャンルと思っていますw)
どうしていこうかなーと、
まぁ、つまるところ原点に返って一生懸命漫画を描くしかないんですが。

ここ最近の話をすると、3、4件ほど打診いただけたり、依頼をいただけたりで、不景気なのにありがたいです。
(今日一息休んだら)がんばります(だめジャン)

明日はなぜか飛行機のチケットが取れたのは良いけれど、空港で2時間待たされるみたいですし(゚ω゚)
空き時間を利用して、原稿前までのプロットやらネームをいろいろやりたいと思います。

そうそう、その打診の中で、長編が来るやもしれません。

なのでページ数の話でもしよーかと思います。

私のデビュー作は32Pだったのですが、雑誌は特にこういうでかい紙に印刷して切って重ね合わせて本になります。(1枚ずつの印刷じゃないんだよ、効率良いよね)
b75.jpg
この単位(もしくはさらにでかい印刷機で倍)で印刷するので、まんがはよく8の倍数だとか32Pでとか言うのです。
(雑誌によって広告用に1Pとって31Pになったり、ジャンプの45Pみたいに独自に数字を決めやすくしているところもあります。)

なんで、同期の作家さんは二人とも36Pまんがだったんで、私がちょうど入りやすかったのか先に載ったんですよね。
(あ、これはページ数だからというより、増刊のテーマと作品のテーマが合っていた、とかもありますが、結構すぐ載ったので、いいページ数でかいたなーとか思ったりしただけです)
(あと、ちょうどデビューのとき、その雑誌の作家さんがブログで「先に載った理由」として同じうんちくを語られていました。)

まぁそんなこんなを勉強していたので、投稿時代から、よほどのことがない限り32Pで描いていましたが、逆に言うと、そのページに慣れすぎていて、それ以外のページ数があまりかけないというか、切り替えがめんどくさい脳みそになっていたりします。

そしたらね、担当さんが

「32Pか・・・64Pとか・・・?かもしれません」
って言うんですよ!

なにげにひののまんがの最長は56Pだったりするんですが、64Pって・・・!

さらに8P多いよ!!!


いっきに80P!とか描くけど、2,3本同時進行とかなので、ちょっとガクブルしていますW
やたらダラダラしてページを延ばせば楽なのかもしれませんが、それなりの密度の大ページは結構体力使うかもしれませんね。


そんで、全然関係ないですけど、入稿ついでにコミティアの申し込みをしてきました。
5月出ます(受かれば!)
スポンサーサイト

カテゴリ【なんとなく】 | コメント(0) | top↑

+ Comment List +

<<COMITIAに申し込んじゃいました! | ホーム | 桃色日記増刊号発売>>















管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |