2017 031234567891011121314151617181920212223242526272829302017 05

TOP > なんとなく > title - 業務連絡/ひのもとは今福岡です&地震対策メモ
 業務連絡/ひのもとは今福岡です&地震対策メモ
業務連絡の日記ですみません。
出版社さんなどの関係者様に向けての日記です。

現在、ひのもとは福岡におります。1週間前から帰省しておるのです。
なので、地震の被害等には遭っておりません。
月・火あたりに関東に戻る予定でしたが、戻るかどうかは様子を見て…になります。

ひとまず「どこにいるの大丈夫?」という電話があったので、
関係者さんにお知らせができるかと思ってブログを書きました。

それだけだとなんなので、
以下にミクシィで友人がコピペしていた地震対策を載せておきます。
すべてがすべて有効なのかは私も確認はできておりませんし、
関東にいない…どころか、タイミング的なもので、震度3以下の地震にしか遭った事がなく、
対策が有効なのか感覚すらつかめません…。すみません。

大変な状況のかたも多くいらっしゃると思います、がんばってください!
友人知人で、私が福岡からできることがあれば連絡ください!

(対策は続く…で)

以下が地震対策として友人の日記から拝借したものです。
状況により有効性が変わってくる事があるかもしれませんが、知っておくとよいこともありますので、
もし、対策に困っておられる方がいらっしゃったら、活用してくださいませ。



▼.≪地震対策 まとめ≫
1 【地震酔い】に苦しんでいる方が多いと思います。目をつむり、10秒程度深呼吸を繰り返してください。口内が乾いている方は辛くとも水等を含んでください。今後余震などが続く可能性が高いので、対処法を知っていると楽になると思います。

2【東京電力からのお願い】大地震の影響により今後の電力供給量が不足する恐れがあります。皆様、節電のご協力をお願い致します。
あなたの節約した電気が、病院に使われ、傷付いた一人の命を救います。完全復旧送電には最低一週間はかかります。せめて一週間、節電をなんとか、心より、どうか宜しくお願いします!!

3【福島にお住まいの方】子供を持つ親はできうる限り原発から遠くへ離れてください。ヨウ素剤は子供にしか効かないもので、40代以上は副作用の方が多いようです。とろろ昆布があれば食べてください。

4 総務省消防庁によれば、停電している地域では、停電が終了し、再び電気が通じるようになった際に、電気機器から火災が発生する危険があるということです。このため、停電している地域で、今後、火災が発生しないよう自宅から避難所などに避難する人は、ブレーカーを落とすか、電気機器の電源が切れているかを、できるかぎり確認してください。

5【クラッシュ症候群への対処方法】これから先、必ずこの症状になる人が現れます。
挫滅症候群(ざめつしょうこうぐん)は、身体の一部が長時間挟まれるなどして圧迫され、その解放後に起こる様々な症候をいう。クラッシュ症候群(またはクラッシュ・シンドローム)とも呼ばれる。重傷であることが見落とされる場合もあり、致死率は比較的高い。

クラッシュ症候群の診断は、疑わないと気づかないと思われます。
NPOでは、2時間以上挟まれていた
挟まれていたところの末梢に麻痺がある
この二つがそろえばクラッシュ症候群を疑うことにしています。

麻痺というのは、長いこと正座しているとつねっても分からない、動かそう
としても動かない、あの状態です。
救出したら、透析できる施設にできるだけ早く運ぶ必要があります。
最重傷患者です。

病院に着いたら『クラッシュ症候群の疑い!』と大きな声で伝えましょう。
治療
救出時から水分の補給は必ず必要です。医師がいれば勿論輸液ですが、東海
地震の静岡では、現場に医師がいる可能性は低いです。一般の人にできるこ
とは、水分を飲ませることです。できればスポーツドリンクが良いですが、
水かお茶でも良いでしょう。輸液では最初1時間に1Lくらいの速さで入れ
ますが、経口ではできるだけ飲ませるという程度になるでしょう。

もしくは、挟まれていた患部を心臓に近い縛りやすい部分、(太もも、二の腕などを)布、ストッキング、ゴムなどで緊縛(きつく縛りつけ、圧迫させておくこと)も、短時間なら効果があるはずです

6【被災地女性の方へ】ストッキングは脱いでください。静電気で火が出てストッキングが皮膚に張り付いた際、重度の火傷を負います。また脱いだストッキングは止血の際に利用できます。 あとナプキンがいい止血帯になるから覚えておいてください。瓦礫の下敷きになっている人を救助する場合、かなり重要になってきます

7【千葉市近辺に在住の方】 コスモ石油の爆発により有害物質が 雲などに付着し、雨などといっしょ に降るので外出の際は傘かカッパな どを持ち歩き、身体が雨に接触しな いようにして下さい

→問い合わせにより誤報の情報。
→市原市のコスモ石油千葉製油所LPGタンクの爆発により、千葉県、近隣圏に在住の
方に有害物質が雨などといっしょに飛散するという虚偽のチェーンメールが送信
されています。千葉県消防地震防災課に確認したところ、そのようなことはない
と確認できましたので、お知らせします。正確な情報の把握により行動してくだ
さい。(3月12日 15時28分発表)
担当課:広聴広報課 問合せ: (市外局番)-351-1111

しかし今後似たような災害もあるかもしれませんので雨合羽のあるかたは持ち歩くといいと思います。

8【献血】遠くから出来る人命救助の1つです!通常時でも京都だけで毎日320人分の血液が必要で集められています。災害時であれば尚更です。東北の方々の輸血用血液が不足すると

→以下の情報も。
→献血協力について赤十字血液センターに問合せてみた。『①今すぐ必要となる分の備蓄はあります。②今後不足が予想される時は報道機関を通じて協力の呼びかけをします。③献血間隔は通常で3ヶ月、成分献血で2週間。』 結論:血液鮮度の関係上、呼びかけがあってからの協力が一番助かるとのこと。

→献血で協力したい場合は問い合わせをしましょう。

9【危険勧告】震災の時に、建物に赤い紙が貼られていたら、それは「全壊」の判定を受けた建物です。倒壊の危険性が高いですので、近寄らないようにしてください!

10【注意】「トイレやお風呂を貸す」そういった言葉で女性を騙し犯す性犯罪や 電力会社や水道局を装った強盗が 過去の災害時に発生しているので、十分注意してください
11【緊急行動パターン】
・窓 ドアあける
・荷物は玄関へ
・底の厚い靴をはく
・ガスの元栓を締める
・浴槽に水をためる
・出来るうちに携帯充電
・停電時ブレーカー落とす 
・【水と食料を確保する】もし困っている人がいれば 声をかけあったり、(余裕があれば) 食料・水・毛布を分けてあげてください。

12【簡易トイレの作り方】便器の中にビニール袋を二重に入れ、口の部分の一部を管などに括る。ビニール袋の中に新聞紙を入れ、消毒液を入れるか、スプレーする。必要に応じて、ビニール袋を替える!水がなくても大丈夫!

13【感染予防】1:けがをしたら、傷を流水でを洗い流してから、清潔な布で覆ってください。とにかくよく洗うこと。2:救助の際、他人の傷口・血液には直接触れないでください。ビニール手袋などがない場合は、スーパーの袋などを手にかぶせて救助してください。

14【倒れている人を発見したら】意識確認→反応無し:119、AED搬送→気道確保と呼吸の確認→呼吸無し:鼻を押さえ人工呼吸を2回/1秒→胸骨圧迫:強く速く絶え間なく30回。救急がくるまで繰り返し。AEDは音声操作付のものが多いです。

15【地震が来た時の対応】
【屋内の場合】
●家の中
・テーブルの下にもぐる(無理なら座ぶとんなどで頭を守る)
・ガラス片が危険なため、素足で歩かない。
・火の始末はすみやかに。

●デパート・スーパー
・バッグなどで頭を保護。
・ショーウインドウや売り場から離れ、壁際に。
・係員の指示に従う。
●ビル・オフィス
・机や作業台の下にもぐる。
・ロッカーなど大型備品の転倒、OA機器の落下に注意。

●集合住宅
・ドアや窓を開けて、避難口を確保。
・エレベーターは絶対使用しない。避難は階段で。
屋外の場合
●路上
・かばんなどで頭を保護し、空き地や公園などに避難。
・ガラスや看板などの落下に注意。
・建物、ブロック塀、自動販売機などには近寄らない。

●車を運転中
・ハンドルをしっかり握り徐々にスピードを落す。
・道路の左側に車を寄せ、エンジンを切る。
・避難するときは、キーをつけたままに。
・車検証や貴重品は携帯する。
●電車などの車内
・つり革、手すりに両手でしっかりつかまる。
・勝手に車外へ飛び出さず、係員の指示に従う。

●海岸付近
・海岸からすぐに離れ、高台へ避難する。
・津波警報が出たら、ただちに高い場所へ
・小さな揺れでも油断しない
・津波のスピードは速いので注意
・繰り返し襲ってくるので注意

<災害用伝言板の使用方法 >
伝言ダイヤル171+1+家番号で伝言吹きこみ。171+2+家番号で伝言再生
連絡取れない人は是非活用を
●ドコモ http://dengon.docomo.ne.jp/inoticelist.cgi?es=0
●auhttp://dengon.ezweb.ne.jp/service.do?p1=dmb221
●ソフトバンクhttp://dengon.softbank.ne.jp/
●イーモバイルhttp://dengon.emnet.ne.jp/service.do?arg1=S16E

●ウイルコムhttp://dengon.willcom-inc.com/dengon/MessageSearch.do;jsessionid=44DB2E25093C9FD86803C532C844CFA0.ap1
●Google では、本日起きた地震のあと、連絡のとれない家族や友人がいる方のために、Google Person Finder というツールを提供しています。http://goo.gl/rlR07
●現在 公衆電話が無料で使えるようです

▼.地震対応マニュアル

①なるべく新しい建物に非難する。ひろい道路の真ん中を歩く

②海岸・川付近には絶対 近づかない

・現在、大きな津波がきており、沿岸部の被害が甚大な状況です。夜にかけて「満潮」を迎えます。ですから、海や川には絶対に近づかないでください。

③電気屋さんからの忠告:今地震で停電している地域の方はブレーカーを全て落としてください。通電されたら小さなブレーカーを1つづつ入れてください。漏電ブレーカーが落ちるようでしたら、無理に入れず、電気事業者などに連絡をとってください。漏電による火災を防ぎましょう

④災害時には車を使用しない!安全地帯に停車して車を降りよう

消防車や救急車の妨げになるので、車に乗っている人はすぐにスピードを落として、道路の左側に止めて下さい。皆が車にのって逃げ出したら、渋滞が起こり、災害救助にも支障をきたします。

⑤エレベーターの場合、階数ボタンを全て押して止まった階で降りて階段で非難する。

地震感知器のついている場合は自動的に最寄りの階に止ってくれますが、ついていない場合はボタンを全て押す!

⑥【食料と水を確保してください】困っている人がいれば 声をかけあったり、(余裕があれば) 食料・水・毛布を分けてあげてください。今こそ、一人一人が「伊達直人」になる時です。

⑧【感染予防】1:けがをしたら、傷を流水でを洗い流してから、清潔な布で覆ってください。とにかくよく洗うこと。2:救助の際、他人の傷口・血液には直接触れないでください。ビニール手袋などがない場合は、スーパーの袋などを手にかぶせて救助してください。

⑨ なるべく電話の使用は避けましょう。非常の為の119番や110番がかかりづらくなっています 安否の確認は災害用伝言ダイアル171番 またはツイッターなどのネットの利用でお願いします。

(171+1+家番号 で伝言吹き込み。171+2+家番号 で伝言再生。
※あとコレクトコールが繋がる可能性があります。106か108 携帯はドコモしか使えないようです。IP電話も不可。108にダイヤルする。→相手先の電話番号を市外局番からダイヤルし、最後に#を押す。→自分の氏名を口頭で名乗る)

・通信各社の災害用伝言板
view_news.pl?__from=mixi&media_id=32&id=1531519

●ツイッター関連●
地震情報に関連するツイッターアカウント
①総務省消防庁 @FDMA_JAPAN
②地震速報 @earthquake_jp
③NHK広報局 @NHK_PR

Twitterで見られる地震速報アカウント 緊急地震速報bot【@zishin3255 】
緊急地震速報【@eew_jp 】
P2P地震情報【@p2pquake】
地震速報【@earthquake_jp】
NHK広報局 【@NHK_PR 】


怪我した、助けて、などのツイートは
モバツイのイマココ機能を使うと
細かい住所まで記載されるので
ぜひともそちらを活用してください!

いくら助けるためとはいえ、
血液や体液に触ることは避けてください。
C型肝炎やAIDSの感染も危惧されます。
救助や処置を行う際は自分の皮膚や
粘膜を確実に保護して行ってください。
不用意に複数の救助に当たると大惨事になります。



福島原発、放射能漏れの可能性があります!避難指示が3kmに変わりました!お願いです!手遅れになる前に!拡散お願いします!一人でも多くの近隣住民に伝えたいです!



【地震に関してお願い】
献血が可能な方、
できればご協力をおねがいします!

血液は長期保存できないものなので、
定期的に一定の血液を必要とします。

震源地では、大量の輸血が必要な方が沢山おられるはずですし、
これから先も復興の時にケガをして輸血が必要になる場合があります。

どうか皆様、
できうる限り、協力して頂ければ、助かる命が増えます。


------------------------------

とてもたくさんの情報を開示してくださっている方の日記をお借りしました。
参考にしてください。

☆【知ってると便利】
> ●キャップがオレンジ色のペットボトルは熱に強い構造をしています。
> お湯が確保できるならお湯を入れれば簡易湯たんぽやカイロ、飲み水にもなります。体温調節が難しいお年寄りや赤ちゃんに利用してください。
>
> ●首、手首、足首、の三つの露出部分をしっかり保温すれば、体温を暖かく保つ事が出来るとの事です。いろいろ調べましたが、とにかく 首を暖めましょう!
>
> ●移動する時や避難袋に笛を加えて下さい。イザという時に、声が出せない時でも笛は役にたちます。
>
> ●家具に埋もれて動けなくなったら机の脚でも何でもいい、とにかく叩けるものを叩いて音を出せ。
> “2・5・2”のリズムは「要救助者あり」の信号。消防職員が必ず救助する。
>
> ●現在携帯のメールは勝手に受信せず、新着メールの問い合わせ(センター問い合わせ)をしないと受信しないです。
> 教えてもらわないと気がつかない人がいます。拡散RTを繰り返してあげてください。
>
> ●デマ募金・義援金・救助要請などのチェーンメール・ツイッターが蔓延しています。
> お互いの協力が大切ですが、余力のない方がほとんどと思われます、まずは自分の身の回りの安全の確保をなさってください。
>
> ●車など狭い場所で夜を明かす人は、エコノミークラス症候群に注意
> こまめな水分摂取、時間ごとの適度な運動、なるだけ緩めの服装などで予防
>
> ☆【TV・ラジオ】
> ●TV見られない方
> http://www.ustream.tv/channel/foxtokimekitonight (ustreamにて放送中)情報ほしい方はこちらへ
> ニコニコ動画でも見られるそうです
>
>> ●iphoneのRadio JPってアプリ。電池さえあれば停電してもNHKとかのラジオきける。
>
> ●外国人の方へ。現在NHKラジオ963にて英語、中国語、韓国語、スペイン語、ポルトガル語、ドイツ語、フランス語の各言語で地震情報を放送しています。
>
> ☆【余震対策】
> ● 余震への警戒は1週間は続けてください。地震から3日たっても震度5以上の余震が続く可能性は十分にあります。
>
> ●大きな余震がまだ懸念されています。なるべく水ものは下に降ろし、ガスの元栓は締め切り、すぐ出られるように簡単でいいので荷物を作っておいて下さい。
>
> ●車のキーはさしっぱなしにした方が後で動かしやすい。
>
> ●睡眠時に支障が出ない窓、扉は開けておくといざという時困らない。
>
> ●浴槽に水ためる。ありったけ米炊いとく→おにぎりにすると便利。避難の際はブレーカー落とす。
スポンサーサイト

カテゴリ【なんとなく】 | コメント(0) | top↑

+ Comment List +

<<まだ福岡ですー。 | ホーム | ワンフェス終了しました!>>















管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |